» 2015 » 9月のブログ記事

寝ている間に分泌される成長ホルモンは、髪を美しく保つために大切なものです。
忙しい毎日の中でも、ぐっすり眠れる睡眠時間を取れるよう心がけていきたいです。
そんな睡眠中に意識したいのは、寝具とこすれる際に起こる摩擦を避けることです。
ロングの場合は面積が広いため、そのまま眠るよりも軽く束ねることで最小限に抑えられるようになります。
また、静電気が起こらないよう、部屋の乾燥のしすぎは禁物です。
エアコンをつけっぱなしで眠ると、空気の乾燥によって髪に静電気が生まれ、キューティクルがはがれやすくなりますので注意したいです。
普段から毛先がパサつきやすいという人は、眠る前にヘアオイルなどのトリートメント剤をつけておくのもよい方法です。
さらにお風呂上りで髪が濡れた状態だったり、ドライヤーで乾かさないで眠ってしまうのも、大きな負担となってしまいます。
この状態もキューティクルがはがれて痛みが酷くなりやすいですから、乾きにくい根元の部分を中心にしっかり乾かしてから睡眠に入ります。
これらのほかには、毎日使う寝具の選び方も重要になります。
価格だけで選んだものは、使用している素材もそれなりということも多く、触り心地がゴワゴワしがちです。
実はこれも髪への摩擦が起きてダメージとなってしまいますので、この点でもこだわりを持っていたいです。

週に何回洗ってる?枕カバーと肌の関係

| 未分類 |

睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため、美肌を保つためには質のよい眠りが大切になります。
成長ホルモンは、日中浴びた紫外線やストレスなどで負担を受けた状態を修復して、キレイにする役割を担っているからです。
しかし、いくらこのことに気をつけていても、理想どおりの肌になれないケースがあります。
その原因には、毎晩使用している枕カバーの状態が関係してきます。
人は寝ている間にコップ1杯分の汗を出すと言われていますし、皮膚についている汚れや皮脂が寝具に付着しやすいです。
また、部屋のほこりなどもつきやすいため、それが皮膚に悪影響を及ぼす可能性もあるわけです。
このような条件が毎日続くと、想像しているよりも大量の雑菌が繁殖しやすい状況になってしまい、それに皮膚を押し付けて寝ることになるのです。
これでは、睡眠時間以外で美肌のためのケアを心がけていてもキレイになれるはずがないですし、ニキビや荒れなどが発生しやすくなってしまいます。
そういった状況を避けるためには、衣類と同じように頻繁に洗濯することが求められます。
見た目には汚れていなくても雑菌が多くなる前に、だいたい週に2~3回の割合で洗濯するほか、つねに清潔な枕カバーを利用できるよう何枚か揃えておくと安心です。

睡眠中に肌をキレイにするためのポイントは、まず髪の毛を上げて寝ることです。髪の毛が寝ている間に肌についてしまうと、肌荒れの原因となってしまいます。睡眠中に髪の毛を上げて寝ることは、あの女優の井上真央さんも実践している美容法だそうです。また、シャンプーとコンディショナーをする際には、洗い残しがないように気をつけましょう。洗い残しがあると負担がかかり、ニキビや吹き出物ができてしまいます。さらに、枕カバーを毎日かえるようにしましょう。枕カバーは毎日睡眠中に汚れています。そのため、毎日清潔な枕カバーにしてあげることがキレイになるための秘訣です。枕カバーを毎日かえるのは面倒くさいという方は、枕の上に清潔なタオルを置いて毎日交換するのがおすすめです。また、睡眠中は気付かないうちに手で顔をかいたり触ったりしていることもあります。寝る前は手を清潔にし、寝る直前までスマートフォンや携帯を触る方は、ウェットティッシュなのでさっと拭いておくことをおすすめします。スマートフォンや携帯は見えない菌がたくさんついているので気をつけましょう。睡眠中に肌をキレイにするためのポイントをぜひ今日から実践してみてください。

レム睡眠とノンレム睡眠の違いについて

| 未分類 |

眠っているとき、人は、レム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しています。

レム睡眠はREM(Rapid Eye Movement)の略で、急速眼球運動を伴う眠りのことです。
これだけでは意味がわからないかもしれませんが、眠っていても、目玉は動いており、脳は覚醒に近い浅い眠りのことです。
ノンレム睡眠は、これとは逆で、ぐっすりと熟睡した状態の眠りのことです。

両者は規則的な周期で訪れるのが通常で、その感覚は90分ごとと言われています。

その違いとして重要なのは、眠ってから最初のノンレム睡眠のときに、成長ホルモンが大量に分泌され、ここで分泌される成長ホルモンが、細胞の成長や修復・活性化に役立つということです。この睡眠のときに肌の修復がなされるわけですから、この睡眠をいかにうまくとれるかということが美容の鍵となってくる訳です。

最初の眠りが浅ければ、ノンレム睡眠も浅い眠りとなり、その結果短時間でレム睡眠に戻ってしまったり、最悪の場合目覚めることもありえます。そのため、いかに深く眠ることができるかが重要となってくるのです。そのためには、睡眠直前にテレビやスマートフォンなどのブルーライトを発するものを見ないことや、睡眠リズムを一定にすることなどが大切です。

グレリンの特徴と美容効果

| 未分類 |

ダイエットを成功させたいという場合、食欲をコントロールすることがポイントとなります。しかし、どんなに我慢しようとしても食欲を抑えるのはなかなか難しいものでしょう。食欲は体内で分泌される2種類のホルモンが大きく関与しており、それらがバランスを取ることによってコントロールされているのです。まず、一つ目は食事をした後に分泌されるホルモンなのですが、食欲を抑制する効果があります。そのため血液中の濃度を高く保つことにより、食欲を抑えてダイエットに繋がるでしょう。二つ目のグレリンは胃から分泌されるホルモンであり、脳の視床下部にある食欲中枢を刺激して食欲を促進させる作用があります。これはもともと空腹で体内のエネルギーが不足している時に分泌されるホルモンであり、必要な時に食欲が増すだけなら食べ過ぎて太ってしまうことはありません。ちなみに、食欲を抑制するホルモンは、体脂肪が多いと働きが悪くなるという特徴があります。そこでダイエットのためにこれらのホルモンをコントロールしたいという場合、睡眠をしっかり取ることや体脂肪を減らすことなどが大切です。睡眠不足は美容にも良くありませんし、健康にも良くないことが分かっているため、毎日7時間程度の睡眠を心がけましょう。

レプチンの特徴と美容効果

| 未分類 |

レプチンとは人間の体内にあるホルモンの一種で、脂肪細胞から分泌されます、脂肪細胞から分泌されると聞くとあまりよいものとは思えませんが、このホルモンは、ダイエットや美容に効果のある物質なのです。このレプチンの働きの特徴は食欲を抑えるということとエネルギーの代謝を上げるということです。脂肪細胞からレプチンが放出されると視床下部に指令が出され、視床下部は食欲を抑制するように体に働きかけます。そして交感神経にも指令が出され、体内のエネルギーを消費するように筋肉などに働きかけるのです。代謝が促進されることでデトックス効果もあり、美容効果にもつながります。
レプチンのこのような働きは肥満が進むと鈍くなるといわれています。
また、さまざまな生活習慣もレプチンの働きを悪くする原因になるのです。うまく働かせるには、まず規則正しい生活を送ることです。睡眠が少なくなったりすると自律神経の働きが悪くなり、分泌が抑制されます。
また食生活を整えることも大事です。きちんと三食を食べて摂食中枢の働きを正常にすることで分泌を正常にします。早食いであまり噛まずに食べていると満腹中枢に指令が伝わらず、食べても満腹感が得られにくくなってしまいます。
ストレスをためるのもよくありません。リラックスした生活を送れるように心がけることがダイエットと美容効果につながります。

メラトニンの特徴と美容効果

| 未分類 |

メラトニンは人間の体の中で作られる神経ホルモンの一つであり、これが体に分泌されることによって様々な効果を生みます。

明るい昼間のはほとんど生成されず、夜暗くなると分泌量が増え、睡眠を促したり体内時計を正常に戻すなどの作用があり、体のリズムや機能を調節するのに欠かせない成分です。

その他、うつ病による睡眠異常の改善や、強力な抗酸化作用による老化防止やボケ防止、アンチエイジングにも有効であり、また免疫力を高める効果と共にがん細胞を増殖を抑制するため、特に女性の乳がんには非常に効果的なのが特徴の一つです。

しかし、年齢を重ねることで徐々に分泌量が減少したり、夜遅くまでパソコンやスマートホンや携帯などの使用で夜更かしが続く不規則な生活習慣を送っていると正常に分泌されなくなり、糖尿病や肥満などの生活習慣病のリスクが高まったり、脳の劣化や老化が進行するなど様々な悪影響を及ぼします。

メラトニンは脳の松果体でアミノ酸のトリプトファンによって生成されますが、それを多く含む食べ物としてバナナや牛乳、青汁の原料であるケールなどがあり、それらの食べ物を積極的に摂るようすることと、昼間は明るい場所で過ごし、夜は暗くして眠るように心がけることでメラトニンの減少を抑えることができます。

メラトニンは、サプリメントでも摂取できますが、過剰摂取すると女性は特にホルモンに作用するため、卵巣異常や子宮の収縮を抑制を引き起こしたり、妊娠・あるいは妊活中の女性が過剰摂取すると、胎児に発達障害の可能性が高くなるので、自己判断で服用するのは避けましょう。

成長ホルモンと美容の関係

| 未分類 |

成長を促す重要なホルモンである成長ホルモンは、身長や体型を変化させるだけでなくアンチエイジングやダイエットなどの美容とも関係があります。たっぷりの水分と弾力のあるみずみずしい肌を作り上げるためには、保湿力をもつヒアルロン酸や繊維細胞のコラーゲンなどの成分によって作られます。しかし、ストレスや紫外線、加齢などの要因により日々ダメージを受け、壊されていきます。成長ホルモンが分泌されることにより、そのダメージを受けた肌を修復し、肌機能を整え、美肌成分の分泌を促します。
成長ホルモンは、睡眠に入って30分程度の頃に分泌量が最大となります。また、ずっと分泌し続けているだけでなく、分泌されるタイミングがあります。美容のためには、午後10時から午前2時にかけてが、肌の再生のための時間と言われています。この時間帯の睡眠中に成長ホルモンが分泌され、肌の修復がされていくため、しっかりと睡眠をとることが重要となります。
併せて、適度な運動を心がけることと分泌を促す食べ物を食べることでより効果的に分泌を促すことができます。分泌を促す食べ物としては、納豆や豆腐などの大豆製品や魚介類、鶏肉、カシューナッツやくるみなどのナッツ類などです。

夜10時から深夜2時までの睡眠は美容睡眠だからお肌のためにはこの時間に寝ていないと駄目だという通説を聞いたことはないでしょうか。
睡眠時に分泌される成長ホルモンが肌の再生や修復を促すため、ゴールデンタイムと呼ばれているのですが、この時間に必ず寝ていなければならないというわけではありません。
ゴールデンタイムとは、眠ってから3~4時間あたりのことを指し、また、ただ眠っているだけではなく、深い睡眠、いわゆるノンレム睡眠状態でなければなりません。
夜中に何度も起きてしまう人は、深い睡眠がとれていないため、せっかく眠っても成長ホルモンの分泌が少ない状態になってしまっています。リラックス環境を整えてうまくノンレム睡眠があたるように調整しましょう。
また、いくら深く眠っているからといって夜更かしはいけません。睡眠不足や生活リズムの崩れはそのまま肌ストレスとなって傷つける原因となります。
これらをまとめると、理想的なゴールデンタイムはやはり夜10時から深夜2時までが望ましいのですが、現代社会ではなかなか難しいことです。
出来れば、睡眠不足にならないよう日付が変わる前には寝ること、毎日同じ時間に眠ること、ノンレム睡眠状態になること、これらをなるべく守るようにして日々の生活で傷ついた肌を再生させ美肌をキープしていきましょう。

睡眠と美容の関係についての基礎知識

| 未分類 |

睡眠と美容には、深い関係があります。睡眠不足になることで、ターンオーバーの周期が乱れてしまいます。その結果、老化が進み、シワやたるみ、くま、ニキビなどの様々な肌トラブルを引き起こし安くなります。
人間は、眠りについて3時間程度でノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りに入ります。この時間に、美容にかかせないホルモンである成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンには、肌の修復や肌の再生、骨を丈夫にする働きなどがあります。また、脂肪を分解しエネルギーにしたり、筋肉を増やす作用もあるため、ダイエットにも効果的です。成長ホルモンは、日中には分泌されず、睡眠中にしか分泌されないため、美容のためには、22時から2時には眠るように心がけ、7時間から8時間眠ることが理想とされています。時間の長さも必要ですが、睡眠の質も重要になります。
入浴などで体温を上げ、その後体温を急に低下させると眠くなると言われています。ゆっくりぬるま湯につかい、芯から身体を温めるなど安眠できる準備をしておくことも質の良い眠りを得るために必要なことです。また、枕が高すぎると首や肩の筋肉に負担がかかってしまうため、枕は高すぎず低すぎず、自分の身体に合った高さのものをつか様にします。af9920062037l af9920062359l

最近の投稿