» 2015 » 10月のブログ記事

骨盤が歪んでいると肉がつきやすくなり下半身太りやO脚の原因となるだけではなく、腰痛や生理痛を引き起こすこともあり健康にもよくない影響を与えます。
バランスのとれた美しいボディラインにするためにはタイプ別にストレッチを行うのが効果的です。
骨盤のゆがみにはひらき、ずれ、そりの3タイプがあります。
ひらきは骨盤が四角く開いてしまい、太ももやふくらはぎの外側に脂肪がつきやすくなるため太ももの内側を鍛えるためにクッションなどを挟んで屈伸運動を行います。
ずれは骨盤がねじれることで脚の長さが左右で異なってしまい、肩の位置も異なるため肩こりになることもあります。
脚を伸ばして座ってお尻歩きをすると骨盤を正常な位置に戻すことができます。
背筋を伸ばし、手などで反動をつけるのではなく骨盤を動かすことを意識しながら行います。
そりは骨盤が前後に反ってしまい猫背になったり、おなかがぽっこりと出ているタイプで腰痛がある人に多く見られます。
腹筋やお尻の筋肉を鍛えることでバランスが取りやすくなるので、腹筋運動やうつ伏せになって片足ずつゆっくり上げるヒップアップのストレッチを行います。
タイプが組み合わさっている人は両方のストレッチを取り入れます。

骨盤のゆがみは姿勢でリセット

| 未分類 |

骨盤は子宮や膀胱、直腸などの臓器を守る役目を持っています。また背骨や股関節ともつながっているので、体の様々なところに影響を与える部分でもあります。そのためゆがみが生じてしまうと、下半身太りや生理痛、冷え性、便秘、むくみ、肩こり、腰痛、ホルモンバランスの乱れなどを引き起こしてしまうことがあります。ゆがみは癖や生活習慣が原因で起こることが多く、横座りやいつも同じ方で足を組んだり、片足に重心をかけて立つ、身体をねじったり、真っ直ぐ前を見ない姿勢を続けるなどをしていると体が傾いていってゆがみが生じてしまうのです。ゆがみをリセットするためには、どちらかに体を傾けたり、重心を片側に寄せたりせずに正しい姿勢を心がけることが大切です。荷物を持つときはいつも同じほうの手で持つのではなく、適度に持ちかえるようにしましょう。足はなるべく組まないようにして、どうしても組みたい場合には片側ばかりにならないように適度に組み替えるようにしましょう。椅子に座るときはひざの位置を腰よりも低くする、椅子に深く腰掛けて背すじを伸ばすようにしましょう。立っているときは両足に体重が偏ることがないように均等に立つようにして、背筋や首を伸ばしましょう。このとき力が入り過ぎないようにしないと疲れてしまいますので、気をつけましょう。

骨盤がゆがむ原因と体に与える影響

| 未分類 |

骨盤という部分の歪みの主な原因は日常の習慣であると言われています。普段の動作やクセ、偏った姿勢などが原因となりやすく、後天的な理由である場合がほとんどです。女性は女性ホルモンの働きでこの部分が常にゆるんだり締まったりしていますし、元々動いているので歪みやすいということです。歪みを引き起こす習慣としては、脚を組んで座ることやうつぶせで寝ること、運動不足などといったものが挙げられます。このような行動や状態だと歪みを引き起こしやすくなるため、見直してみると良いでしょう。この部分は体の中心で内臓を支える大切な役目を担っており、歪むことで連動している筋肉が捻れてしまいますし、支えていた内臓が下がってしまうこともあります。また、それによって太ってしまうこともありますし、特に下腹部やお尻などが気になってきます。また、ケア商品を使ってこの部分を押さえつけている人もいるかもしれませんが、通常より締まっている状態であっても体への悪い影響があります。きついガードルやベルトなどを使うことにより、不眠やイライラ、情緒不安定などを起こしてしまうことがあるので注意しましょう。確かに専用のケア商品などは流行しているのですが、まずは自身の体の状態をしっかりと確認してから改善していくことが大切です。

骨盤のゆがみリセット術

| 未分類 |

悪い姿勢や歩行を続けていると体はだんだんとゆがみが生じてしまいます。
特に女性は出産などの影響もあり、骨盤にはゆがみやすい傾向にありますので、注意が必要です。

体が冷える、むくみが出やすくなる、生理不順になる、腰痛が起きやすくなる、便秘になりやすいなどの健康のトラブルが起きやすくなることはもちろん、下半身太りやO脚などのスタイルを悪くする原因にもなってしまいますので、矯正はしっかりと行っておきたいところです。

本格的に改善を目指すのであれば、整体院やマッサージサロンの利用も考えていきたいですが、自宅でも行える対策は様々な方法があります。

まずは姿勢を意識してよくすることが大事ですし、歩き方や立ち方にクセがある人は改善を目指しましょう。

自宅で簡単に行えるエクササイズやストレッチもありますので、そうした運動も取り入れていきたいところです。
こうした運動は短時間で行うことができますので、ちょっとした空き時間を利用して行ってみましょう。

それから、運動が苦手という場合は矯正効果のあるインナーも役立ってくれます。インナーも様々なタイプがあり、ショーツタイプやガードルタイプはいつもの下着と取り替えるだけですので、手軽に取りいれることができます。

さらにレギンスタイプやベルトタイプもあり、こちらも着用するだけで矯正効果が期待できます。

自分でできる骨盤矯正法

| 未分類 |

なかなかダイエットが成功しないのは、骨盤のゆがみが原因かもしれません。そうであれば、骨盤のゆがみを改善していくことで、もしかしたら痩せるかもしれない、ということになります。骨盤のゆがみを正すためには、整体に通わなければならないわけではありません。本格的に整体に通うとなると、それだけ費用もかかりますし、時間も必要です。

自分でできる骨盤矯正法で、骨盤は正していくことができます。仰向けに横たわりましょう。両方の脚を90度に曲げてから、下半身の部分だけを、右と左とを、交互に倒していきます。これを3分間くらい続けて行いましょう。これが簡単な骨盤体操になります。朝目が覚めた時とか、夜寝る前などに、軽くやってみると良いでしょう。最初から何回も行うよりも、週刊になるまで、3回でも行うと良いです。

フリフリ体操などもやってみると、簡単に出来て続けやすいです。これはうつぶせに寝て行います。お尻を右と左にふります。この動作を3分間くらい継続して行いましょう。1分でもいいので続けたら、ヒップを軽く1分くらいたたきます。これが一連の流れであり、この流れで数回繰り返してみましょう。横になってヒップをふるだけなので、簡単に続けられます。

何も意識せずに歩いていると筋肉は発達せず、足が細くなるということも期待できません。
しかし、歩行の仕方を意識することで足を細くすることができます。
足やせのためにダイエットを行いたいと考えていても、激しい運動を行う自信が無いという方は身体に負担が少ないウォーキングが適しています。
ウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪を燃焼させる効果があるので太ももに存在している脂肪を燃焼させるのに絶好の方法なのです。
ところが、筋肉が発達していない状態では効果的に脂肪を減らすことは見込めませんし、上述したように単に歩いただけでは筋肉が発達せずに引き締めて形の良い足にすることも難しいです。
そこで、脚を確実に細くするためには筋肉を鍛えるということが必須なのです。
まず、歩く際には胸を張って背筋を伸ばすことを意識します。
基本的なフォームであるものの、実際に行えている方は少なく姿勢が悪い状態で歩き続けると関節などに負担がかかったり身体のバランスが崩れてしまいます。
次に、足の付け根部分から動かしましょう。
つま先で蹴りだし、踵で着地し大股気味にすると脂肪燃焼が高まり、筋肉も鍛えられます。
通勤やお買いものの際に行える手軽な方法ということも魅力的です。

即効で美脚に!脚痩せのツボ

| 未分類 |

美脚になるためには、足の代謝を促してむくみをとらなければいけないです。
下半身の代謝をよくする即効性のあるツボがあります。
そのツボを刺激するとむくみ解消になります。
股関節周辺から代謝が悪くなっていては、どんなにそれより下の方を刺激しても効果が期待できないです。
必ず、上の方からツボを刺激していきます。
最初は股関節、太ももの付け根のくぼみの部分を刺激します。
そこを少し痛いぐらいの強さで指圧します。
ゆっくりと6秒間数えて、ゆっくり手を放します。
またゆっくりと指圧して6秒数えます。
計6回行います。
股関節部分の指圧がすみましたら、ふくらはぎの裏側の部分を刺激します。
くぼんでいる部分を、股関節と同じように6秒の指圧を計6回行います。
指圧の次は、足にたまった老廃物を流すようにふくらはぎから上へマッサージします。
左右で1分間ずつ行います。
後は、太ももも同様に溜まった老廃物を上へ押し上げるようにマッサージします。
時間がない時には、関節部分のツボを刺激してあげるだけでも血行が良くなります。
また放っておくとすぐにむくんでしまうので、普段から足のツボを刺激したりマッサージしたりするとむくみにくい脚になります。
毎日のお手入れも欠かさないようにすれば、浮腫みにくくなります。

どの世代でも女性は脚は細く見せたいと思うものです。特に夏場は服で隠すことができないので細さが非常に気になる季節です。実際に太くなくても、他の人と比べてしまうので細くしようと努力している人も多いと思われます。
しかし、成長期の時期はそのコントロールが非常に難しく、綺麗なスタイルをキープできない事は珍しくありません。特に中学生の時期は非常に難易度が高くなっています。時期的に体重が増えやすくなっており、また身長も伸びる時期なのでベスト体型を維持することが難しいと言えます。しかしそういった方でも簡単にできる脚痩せダイエットがあります。
それは脚のマッサージです。出かける朝と、むくんでくる夕方に気を付けて行うべきと言えます。なぜなら脚は脂肪分などだけでなく、過剰な水分によって太く見えてしまうためです。本来体重を減らすダイエットは成長期の時期にはあまり行うべきではありません。必要以上のカロリーを取らないように心がけ、運動習慣を付けるだけで良いと言えます。過剰なダイエットは痩せすぎなどに繋がりますし、病的な状態になった場合居食などを引き起こすので、健康的なバランスの良い食事を心掛けるようにするべきと言えます。その上で、むくみなどの影響を取り除く事で脚を綺麗に魅せることが可能なので一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

脚痩せダイエット!欲張りエクササイズ

| 未分類 |

足が太っていると下半身がデブに見えてしまい、人にだらしない印象を与えてしまいます。足が太って見える原因の多くが運動不足による筋肉低下やむくみによるものだと考えられており、脚痩せするためにはそれらを解消することが重要となります。
簡単なエクササイズとしては、仰向けに寝転んで、手は体の横に置きそのまま天井に向けて脚を持ち上げて床と垂直になるようにし、両かかとをつけてつま先を外側へ向けたままできる限り左右に開きます。開いたら太腿の内側を意識しながら元の位置に戻すという動作を1回として30〜50回ほど繰り返します。
横に広げるが終ったら、脚を伸ばした状態で仰向けになり、片足を30度ほどに持ち上げ数秒キープした後ゆっくり下ろし、もう片方の脚も同じように上げて下ろします。これを両足1回とし30〜50回ほど繰り返します。
脚を痩せるだけではなくヒップアップや太腿痩せをしたい場合には、仰向けになり、両膝とかかとをつけて膝を立て、お尻を上に持ち上げます。この上げ下げを10〜30回ゆっくり行うことなども効果的です。
そのほか脚を太くするむくみの改善方法としては、食生活の改善や適度な運動を行う、リンパマッサージをすることなども有効になります。

美脚をかなえる!脚やせエクササイズ

| 未分類 |

美は一日で出来上がるものではありません。急激なダイエットは体を壊しますし、リバウンドも確実にします。無理なく、脚やせをしたいならば、長期戦でエクササイズをするのが一番いいです。

初心者の方はまずは、ウォーキングで20分、コースを決めて、毎日行うことをしましょう。暑い時期は飲み物も持参するといいです。最初は遅くてもいいですから、リズムがつかめたら、どんどん早く歩きます。有酸素運動は20分から効果があるので、とにかく20分は続けることが重要です。歩くことに慣れたら、脚にも筋肉がついて、だいぶんスリムに見えると思います。

そして、もっと脚やせを望んでいるならば、軽いジョギングやマラソンが絶対にお薦めです。マラソン選手はみんな脚がとても細いのは、長距離をずっと走っているからです。だいたい、30分くらいのコースを決めて、涼しい時間帯に、軽く走ることから始めてみるのがいいでしょう。慣れたら、ちょっと速度を上げて、走ります。汗もしっかりかきます。走ると、全体の無駄な肉が落ちて、全体的にスリムになります。服のサイズも変わってきます。脚やせだけでなく、ウエストもサイズダウンし、二の腕も引き締まります。ダイエットも可能ですから、お薦めです。キノコ さくらんぼ

最近の投稿