» 2015 » 11月のブログ記事

キムチに含まれる乳酸菌やカプサイシンには、優れた発汗作用があるため、体の新陳代謝を高める効果が高くなります。同時に胃腸の健康を整えるための酵素や食物繊維が多く、ビタミンやミネラルも大量に含まれています。豚肉も加えて調理すれば、ビタミンB1の量が飛躍的に多くなり、疲労回復の効果も高まります。

キムチには多種多彩な香辛料や魚介類が含まれ、乳酸発酵によって栄養が大幅に増えています。唐辛子は特に重要な香辛料であり、芳香を加える役割もしています。キムチにはニンニクやショウガなどの温性の薬味も加えられていることで、体を温める効果は相乗的に高くなります。そのまま食べるだけでも体がポカポカしてきますが、鍋料理で食べれば冬でも体の芯まで温まります。

キムチから食物繊維と酵素を同時に吸収すれば、整腸作用も活発になり、便秘の悩みも解消しやすくなります。独特な辛味には解表の効果があり、体を温めると同時に血流を促進させることもできます。この作用は辛温解表とも呼ばれ、薬膳料理においても利用されています。

キムチを食べて発汗作用を促進すれば、デトックス効果も高まって、アンチエンジングも促進できます。浅漬けではなく、しっかりと乳酸発酵させたものを食べれば、本来の効果を発揮できます。

特に中高年になるとダイエットをしても効果が出ないという方が多いはずです。
この中々痩せないというのは実は酵素が足りないせいかもしれません。
酵素は老廃物を排出し代謝をあげる作用や、老化原因となる活性酸素を除去したり、腸内環境を整えるといった働きがあるのですが、生活バランスが崩れたり夜更かしなどでどんどん体内で不足しますので生の野菜や果物、そして発酵食品から毎日摂った方が効果的です。
しかし、日々お仕事などで忙しい方にとっては毎日サラダやフルーツを摂るのも大変でしょうし、だからと言ってお惣菜コーナーのサラダは酵素がかなり減っている状態のものが多いので効果的に摂るにはどうしたらよいかというと、おすすめなのが「大根おろし納豆」です。

大根はアミラーゼという消化酵素が豊富なのですが火を通すとアミラーゼは効果がなくなります。
ですから気軽に生の大根を食べられる「大根おろし」と、酵素食品の代表である「発酵食品・納豆」で作る「大根おろし納豆」は一石二鳥です。
ほかにも大根にはイソチオシアナートという成分が入っており、このイソチオシアナートは肥満を抑制・代謝アップ・癌細胞抑制・殺菌などの働きがある成分なのでダイエットには最適です。(ただしおろしてから時間が経つと成分が減少するので出来るだけおろしたてを食べるようにしましょう)

手作りの豆乳キムチスープには、大豆由来の栄養が大量に含まれ、女性にとって特に大切なイソフラボンの宝庫にもなります。発酵の過程で増えた酵素や、元から豊富な食物繊維の働きもあって、整腸作用を促進させる効果が非常に高くなります。豆乳には良質な植物性タンパク質も多いことで、筋肉を丈夫にさせるためにも有用になります。

鶏ガラなどのスープをベースにして、豆乳とキムチを加えて、あとは豚肉や魚介類などの好みの材料を足せば作れる料理です。隠し味として味噌も一緒に加えておけば、酵素の量がさらに増えていきます。イソフラボンの量をさらに増やしたい場合には、豆腐も加えることがおすすめです。

キムチには植物由来の乳酸菌も含まれていますから、酵素の働きを強力に助けることができます。ダイエットのためにも役立つ要素として、唐辛子が含まれていることも重要になります。唐辛子の有効成分のカプサイシンには強力な発汗作用があり、体の余計な水分を取り除くために有効です。

豆乳キムチスープの味わいには酸味や辛味に加えて、甘味までもあります。美味しさの要素の多くが揃っているために、体調を整える効果も高くなります。暑い時期には夏バテ予防のために役立ち、冬には風邪予防のためにも使える料理です。

ダイエットのためには代謝をアップすることが重要ですが、スムージーは新鮮な野菜やフルーツを使用するため、高膣的に代謝アップをすることにもつながります。特にオススメなのは、朝に飲む生の野菜と果物をミックスした、作りたてのグリーンスムージーです。加熱せず生のまま食べるローフードでもあり、不足しがちなビタミンなどの栄養素をいっぺんに摂取できます。特にビタミンCは水溶性であるため、加熱には弱いのが難点です。でもスムージーにすれば、そのままを口にして体内に取り込むことができます。生のサラダを食べるのも良いですが、サラダはそれほど沢山の量を食べることはできません。量も種類も、生のサラダと、思いのほか食べられないため、スムージーが大活躍してくれます。緑色の葉ものをメインとしたグリーンスムージーは、体内において様々な健康や美容効果を発揮してくれます。ビタミン成分を豊富に含むため、皮膚のターンオーバーにも貢献します。ミネラルには抗酸化物質が含まれるので、メラニン生成を防いでしみ予防におなります。ミキサーなどで作るスムージーは、消化器官への負担が少ないため、内臓機能も整いやすくなります。これにより、エネルギー効率は向上します。

人間の身体にとって酵素とは欠かせないもので、日常生活における食物の消化と、身体全体に栄養分を供給してなおかつ老廃物を排出する代謝の機能も担っていることで知られます。また、代謝の一環として活性酸素を除去する役割は非常に大きいと言えるでしょう。

そもそも活性酸素とは免疫を高めるために必要な要素ではあるものの、その量が増えるとたちまち身体の老化を促進させ、悪影響を及ぼし始めます。たとえば鉄が酸化すると随所にサビが生じるのと同じく、身体の中身も酸化すると肌にシミやシワなどが生じてしまったり、外部からの刺激から内部を守る肌のバリア機能が弱まったり、さらに身体の免疫機能にも支障をきたして風邪をひきやすい体質に陥ってしまうこともしばしばです。

こういった時に、若い身体であれば酵素が自発的に分泌されるのでそれらで活性酸素を除去することが出来ます。しかしながら老化が進むとこの酵素自体の分泌量が減ることから、日頃の食生活で消化酵素を使用すると後の残りの代謝のための分量が不足してしまいます。こうして活性酸素の活発化が始まってしまうのです。

こういった事態を回避するためにも、最近ではサプリメントや飲料などでこれらの不足分を補充することが可能です。手軽に補給することで身体の健康維持に努めたいものです。

美肌に効果的!かぼちとナッツのサラダ

| 未分類 |

美肌に効果的なのが、かぼちとナッツのサラダです。かぼちゃに含まれる成分としては、三大抗酸化ビタミンでもある、ビタミンEも豊富ですし、免疫力の向上作用も期待できるβカロチンも含みます。究極のアンチエイジング成分として、ビタミンEはとても優秀なことで知られています。普段はそれほど口にする機会がないかもしれませんが、レーズンにも美肌に効果的な美容成分がたっぷり含まれています。ビタミンB郡は豊富ですし、鉄分やマグネシウム、カルシウムの成分もたくさん含まれています。食物繊維も豊富ですから、美肌の敵でもある便秘解消にも良いです。ナッツはくるみも、美肌の味方になってくれます。美しい肌のためには、程度な油分も必要であり、ナッツ類から摂取するのは良い方法と言えます。抗酸化力が高いくるみは、肌トラブルにも負けない素肌作りのためにも役立ちます。必須脂肪酸を含みますから、素肌の潤いを守ってくれる作用があります。疲労回復ビタミンとも言われるビタミンB1や、造血のビタミンとも言われる葉酸の成分も含んでいます。ホクホクのかぼちゃと、食感も楽しむことのできるナッツで、美味しいサラダを作って、美しい素肌のためにも役立てることができます。

美味しく食べながら美肌ケアできるレシピとして、モッツァレラチーズとトマトの食べ合わせは最高です。真っ赤なトマトには、リコピンの栄養成分が豊富に含まれます。これは強力な抗酸化作用を持ちますから、アンチエイジングにも効果的です。老化の原因として活性化酸素がありますが、抗酸化作用の働きによって、体内の活性酸素を除去する働きがあります。トマトの素敵なアンチエイジンク効果のある作用とともに、モッツァレラチーズは低カロリーで高タンパク質であるため、ナイスなコンビネーションのレシピに仕上がります。自宅でも簡単にできるレシピとして、漬け込みの調理もあります。食べやすいサイズのモッツァレラチーズにプチトマト、めんつゆのラー油やごま油が材料です。洗ったプチトマトは、湯むきしましょう。濃度を調整しためんつゆに、ラー油やごま油を好みで合わせます。そこにプチトマトとモッツァレラチーズを混ぜて、容器を冷蔵庫で一晩寝かせれば出来上がりです。お皿に盛り付けるときには、大葉やバジルを添えてもいいでしょう。チーズはタンパク質ですから、美しい肌作りにも欠かせませんし、トマトとの相性もよいので、家族で食べるメニューとしても良いものです。

女性にも大人気の手羽先レシピは、プルプルのお肌のためにも良いと言われています。スープにして経口補水液でストックしておくこともできます。基本的なスープの作り方としては。かなり簡単にできますから、たっぷり作っておいてもいいでしょう。鶏の手羽先にしょうが、ネギがあれば材料は完璧です。最初にアクや脂を抜く必要があるので、下茹でをしましょう。5分くらい茹でて、軽く洗ってから鍋に移して、ひたひたの水分とねぎや生姜のスライスと一緒に煮込みましょう。とろ火にして煮込むこと2巻くらいで、美味しいコラーゲンスープが完成します。鶏肉自体も良質なたんぱく質であるため、肌のためには良い成分です。美肌に高い効果をもたらすのは、含まれるコラーゲンの成分の賜物とも言えます。本来人間の肌には持っているものではありますが、年齢を重ねるごとに減少していきます。肌にはハリや潤いが不足するようになり、シワやたるみも出来やすくなってきます。体内においてアミノ酸分解されて、身体の中で生成される皇帝であり、経口摂取はあまり効果がないというけんかいもあるようです。ですがコラーゲン合成に必須のプロリンを含んでいますから、肌へ還元されることになります。

日頃のケアと睡眠の質が美肌を作る

| 未分類 |

美肌に欠かせないのが正しいスキンケアと十分な睡眠です。
スキンケアに関しては十分な保湿を心がけることが重要で、乾燥した肌は抵抗力が弱まり、シワやたるみ、くすみ等の原因になってしまうことがあるのでまずはしっかりと保湿ケアすることが大切です。
眠りの時間が少ないと肌は荒れてしまいますので、十分な眠りは高価な美容液以上の効果があると言われているくらいです。
なぜ眠りが肌の状態に関わってくるかというと、睡眠中に分泌される成長ホルモンに秘密があります。
成長ホルモンは細胞を新しく生まれ変わらせる働きがあり、肌の細胞も新しいものに代謝していく効果があるのです。
そのためたくさん眠ることにより成長ホルモンが分泌されて、ターンオーバーが促進されるので、美しい肌作りに役立てることができるのです。
また睡眠は質も重要で、浅い眠りをだらだらと続けるよりも、深い眠りを取るほうが成長ホルモンがしっかりと分泌されます。
また眠る時間も重要で、ゴールデンタイムと言われる夜の10時から夜中の2時までの時間帯に眠ることで成長ホルモンがしっかり分泌されるということが分かっています。
このように眠りに注目することで肌の状態をアップして美肌作りに役立てることができるのです。

男性ウケも抜群!魅力的な美肌女性

| 未分類 |

ピーマン01 ピーマン02美肌といえば、赤ちゃんのような肌が理想的ですよね。
毛穴が見えない、つるつるスベスベの肌は誰もが触りたくなるほどです。
肌がキレイだということは最大の武器にもなります。
美肌は男性にウケます。
肌の綺麗さから、洋服を脱がせたところまで想像してしまうのが男性です。
女性は高い下地やファンデーションで化粧をして少しでも肌をキレイに見せようとします。
そこにお金を掛けていますが、男性が本当に好きなのはスッピン美肌です。
コテコテに塗った厚塗り化粧ではありません。
肌がキレイにならない、肌をキレイにしたい、そんな方は内面を見直してみましょう。
ストレスは老化や病気の原因に一つです。
自分の好きなことを些細なことでも良いので毎日取り入れましょう。
例えば、好きな入浴剤を入れる。
それだけでも違います。
お風呂で言えば、湯船につかることが大切です。
リラックスできるだけではなく、体の疲れや汚れをとり、血の巡りがよくなります。
食事も大切です。
インスタントラーメンやお菓子などの加工品、甘いものを食べると肌は老化していきます。
食べるものはダイレクトに肌に伝わります。
高い化粧品よりも、質のいい食材を自分で料理して食べるだけで肌はどんどん元気になります。

最近の投稿