» 2016 » 2月のブログ記事

オススメの処理方法は?

| 未分類 |

肌の露出度が高い季節になると気になるのがむだ毛です。むだ毛の処理方法はさまざまありますが、気軽に利用できるのは自宅での自己処理です。カミソリや毛抜きは、低価格な反面、毛が皮膚に埋まる埋没毛や毛穴が炎症を起こす毛嚢炎などの肌トラブルになりかねません。処理頻度も高く、肌に与えるダメージが高い方法といえます。脱毛クリームやワックスなども人気の処理方法で、低価格で利用できるものです。美容成分や保湿成分が豊富に配合された商品も数多くあります。ただカミソリと同様、短期間で毛が生えてきてしまいます。処理頻度は高くなるので、肌へのダメージがないとはいいきれません。

お金がかかると敬遠されがちなクリニックやサロンでの脱毛は、結局のところ一番きれいに仕上がる処理方法といえます。肌に負担の少ない方法で、高い効果を得られるからです。脱毛後のアフターケアもしっかりと行ってくれます。クリニックとサロンでの効果と施術期間は異なりますが、長いといわれるサロン脱毛でも、2年あれば満足のいく効果が得られる人が多いです。永久的にむだ毛の自己処理する費用とストレス、肌トラブルなどを総合すると、クリニックやサロンでの施術がメリットが多いといえます。

カミソリ・電気シェーバーについて

| 未分類 |

カミソリや電気シェーバーで剃ると、とても短い時間でたくさんのムダ毛を処理することができます。この手軽さが最大のメリットであり、利用する人が多い理由になっています。他の自己処理方法と比べても時間のかからない方法ですが、カミソリなら更にコストもかからないというメリットがあります。
カミソリを使用する時には、少し力加減に気をつけなければなりません。力を入れ過ぎると皮膚に傷をつけてしまう恐れがあるからです。摩擦によって角質を削り取ってしまい、バリア機能が弱まる可能性もあります。できるだけ肌に優しく剃るためには、シェービングクリームなどを使用して工夫しなければなりません。
電気シェーバーの方も摩擦に気をつけなければならないという点では同じです。ただし、カミソリのように切ってしまうようなリスクはありません。剃る部分の他にも肌に触れるところがあれば、摩擦はやや大きくなります。そのため、切れることがないとはいっても肌に強く押し付ける行為は厳禁です。
これらの方法で処理を行う場合、でかける直前でも間に合います。ただし、やはり処理後には肌を休ませて回復を促したいので、できれば寝る前に行っておいた方が皮膚には安心です。

除毛クリームについて

| 未分類 |

ちょっとしたムダ毛ならエステやクリニックで行わず、自己処理してしまう人も多いことでしょう。しかし自己処理の場合は、メリットがある反面デメリットもあります。メリットとしては、自分でやりたい時にできるということです。お風呂に入った時にムダ毛が気になったので、ついでの処理してしまうこともできます。また、エステやクリニックに比べるとコストもかかりません。デメリットとしては、方法によっては肌を傷める可能性があることです。特にカミソリや毛抜きを使う方法は、肌に負担をかけやすく、処理後に肌表面が赤くなったり、ぶつぶつが出たりすることもあります。
もし自己処理をしたい場合は、このようなデメリットを極力避けたいものです。それには電気脱毛器などもいいのですが、一番お勧めなのは除毛クリームです。適量を処理したい部位に伸ばしてから、ムダ毛を取り除きます。物理的な刺激を加えないうえに、トリートメント成分が配合されているのも多いので、きれいに処理できて、しかも肌はすべすべのままです。おまけに値段も5000円ほどの物がありますので、一石二鳥ならぬ一石二鳥の効果があります。もちろん、除毛クリームだけでなく、ワックスやジェルでも同様のメリットがあります。

毛抜について

| 未分類 |

毛抜の最大のメリットはムダ毛をはさんで引っ張るだけで処理できる手軽さです。電力を消耗することなく、収納スペースもほとんどとらないうえに安価で、年齢問わず使いやすいうえ、他の脱毛法でのやり残しをスポット的にカバーできる使いまわしの良さも利点としてあげられます。毛抜にはその反面デメリットもあります。まずうまく抜かないと痛みを感じてしまうことです。さらに利き手でない方や体の部位によっては使いづらく、またうまく処理しないと途中で毛が切れてしまう事があります。そのうえ、広範囲を脱毛するにはかなりの時間がかかり、その割には比較的はやくムダ毛が再生します。また毛抜きで抜くときに皮膚がひっぱられ、毛穴に細菌が入り毛嚢炎と呼ばれる炎症を起こす可能性があります。軽い場合には自然に治癒することもありますが、ひどくなると赤くはれ上がり、医療機関でも治療が必要です。これに加えて埋没毛になってしまった場合、仕上がりの美しさにも影響します。無理に掘り起こすとさらに症状を悪化させるケースがあるので注意が必要です。フラッシュやレーザーでは長期間脱毛した状態を維持できるうえ、直接肌に触れるわけではないのでこのような肌トラブルが起こることはありません。

自己処理の方法とポイント

| 未分類 |

安くて自宅で手軽に出来る脱毛方法としてカミソリ等で自己処理する方法です。自己処理は使用方法を誤ると皮膚を傷つけ、炎症を起こしたり、埋没毛や色素沈着、細菌感染などの危険性をはらんでいるので注意して使用する事が大切です。
ムダ毛を自己処理するにあたって、毛抜きで抜くという行為は基本的に埋没毛や毛嚢炎などを引き起こす為、使用しない方が良いでしょう。カミソリで処理する場合には自分の処理したい箇所にカミソリの部分がフィットするか、肌を傷つけにくい等、メーカーによって特性が違う為、自分に合う安全性の高い商品を選ぶ事が大切です。自分に合わないカミソリを使用し続ける事でムダ毛だけでなく、肌の表面を削ってしまう為、肌トラブルに苛まされる恐れが高くなります。その上で、無造作に剃るのではなく、クリームやジェルなどを利用して肌に負担の無い方法で剃ると良いでしょう。剃った後には肌が敏感になっているので保湿剤などで肌を保湿しておくとその後の仕上がりが違います。
自己処理の注意点は効果が他の脱毛方法よりも持続時間が短い事です。この為、頻繁に処理を繰り返さないと満足いく結果が得られない場合には多少費用がかかってもサロンなどで脱毛を行った方が肌の負担を考えると良いかもしれません。

ワックス脱毛について

| 未分類 |

ワックス脱毛も特にハイジニーナ脱毛をしたいと考えている人たちにとても人気がある方法です。ワックスを肌に塗布して脱毛をするので、なるべく刺激の少ない優しい使い心地のものがいいと思ったら、やはりオーガニックのワックスを選ぶ事をおすすめします。サロン選びをする時にも、オーガニックのワックスを使っているのかどうかということをチェックしておくといいでしょう。

オーガニック認証機関の認証を得たものもあれば、皮膚アレルギーを起こす原因になりやすい松ヤニを使っていないものなどがありますので、セルフで行う時でもワックスのパッケージを見てみて下さい。ハチミツを原料としたものが多いですが、竹を使って作られているものもありますので、使ってみたいものを利用してワックス脱毛を行いましょう。

自分で行う場合でも、サロンを利用する場合でも脱毛の際にはある程度の毛がないと施術はしにくいので、最低でも3mm程度は伸ばした状態、あるといいのは5mm程度ぐらいですから、それを目安にして脱毛を行なっていきましょう。何度か繰り返す場合もありますが、オーガニックのワックスであれば肌に余り刺激を与えることなく脱毛ができるので使いやすいです。

光脱毛について

| 未分類 |

今、脱毛サロンでの主流の施術となっている光脱毛、脱毛ケアにはつきものであった痛みがほとんどなく、広い範囲を一気に処理できるので、施術にかかる時間も格段に縮小されたことにより、施術料金も下がるなど、女性に取ってはメリットの多い脱毛ケアです。光脱毛は、照射をすることによりムダ毛の質を変化させ、徐々に細く薄い産毛のように目立たなくさせていきます。またこのケアは美肌効果が非常に高いといわれており、くすみや黒ずみなどの色素沈着が薄くなり、毛穴の目立ちがなくなっていきます。かさつきやザラツキも改善され、お肌のトーンが明るくなるなど、若返り効果も期待できると言われています。女性は、見せられる美肌にするためにムダ毛の処理を行うので、ボディのお肌が美しく整えられていく光脱毛は、まさに最適なお手入れといえるのではないでしょうか。この施術に使用する脱毛機器は、アンチエイジングケアで使用するフォトフェイシャルの美顔機器と同じ原理なので、ムダ毛の処理が出来るとともに美肌ケアも可能となるので、どこから見られても自信が持てる素肌が手に入れられます。光脱毛は全身の体毛に対応できるので、憧れの全身脱毛もリーズナブルな価格で試せます。

レーザー脱毛について

| 未分類 |

医療機関の美容クリニックなどでのみ受けられるのが、医療レーザー脱毛でのムダ毛の処理です。エステサロン脱毛と大きく異なる点として、脱毛の照射をするときの痛みが強いというのは、広く知られていることです。脱毛サロンで脱毛体験をしている人が、医療レーザでの脱毛をする際、エステ脱毛と同じ気分でいると驚くことになるでしょう。照射時に感じる 肌への刺激は、エステなどで体験したフラッシュ脱毛とは、比較にならない刺激を感じるためです。

ここで理解しておきたいのは、脱毛サロンと医療クリニックでは、導入している脱毛器が全く異なるという点です。脱毛サロン脱毛マシンは、光脱毛の機器であり、照射出来る出力は低いものです。照射パワーは低いですから、肌への痛みもほとんどありません。しかし、照射のパワーは弱いですから、脱毛の効果も弱いことになります。

美容クリニックなどんど絵医療レーザー脱毛は、痛みは強いですが、その分照射出来る出力レベルは高いです。そのため、脱毛の効果も結果が出てくるのが早いですし、減毛ではなく影永久脱毛の効果があります。痛みが強いことについては、医療機関ですから麻酔を利用することで軽減する対策ができます。

ニードル脱毛(電気脱毛)について

| 未分類 |

ムダ毛の脱毛は美を追究する上でも欠かせない大切なケアのひとつです。しかし仕事や家事で忙しい毎日の中で自己脱毛を続けていくのはとても手間がかかるもの。そんな煩わしさを払拭する意味でもサロンやクリニックで受けることの出来るニードル脱毛は効果的な施術と言えるでしょう。

このニードル脱毛は数ある脱毛方法の中でもその威力が極めて高いもののひとつです。その仕組みとしては、微量の電気を帯びたニードルをムダ毛を払拭したい部位の毛穴ひとつひとつに刺して、その奥にある毛根を手作業にて破壊してその都度抜き取っていきます。この時にはいちばん深いところにある毛乳頭や毛母細胞にも電気によるダメージが加わりますので、それらが破壊されることで毛根の発毛力や成長力も失われ、同じ毛穴からはもう二度とムダ毛が生えてこない状態が形成されていきます。また、手作業ゆえの精確さによって仕上がりにムラが出ないのも特徴的です。こういったニードル脱毛を毛周期にあわせて行っていくことで、やがてその部位は永久脱毛効果を得ることができます。

ただし、施術中にはニードルを刺すごとにチクチクとした痛みが生じます。もしも耐えきれない場合には脱毛士に相談することで、すぐに患部を冷やしたり、沈痛クリームを使用するなどして痛みを緩和することができるでしょう。

脱毛の種類について徹底解説!

| 未分類 |

専門の施設に通う場合の脱毛法には様々な種類があります。
ニードル脱毛は、細い針を毛穴に刺して、そこから微弱な電流を流して毛根を死滅させる方法です。強い痛みを伴うので痛みに弱い人には億劫な施術ではありますが、麻酔を使用することも可能ですし、施術の完璧さからいえばこの方法に勝るものはありません。ただし、一本ずつの処理になりますので、非常に時間がかかります。
レーザー脱毛は医療機関で行われています。一度に数本ずつの処理が行えますので、広範囲の施術を受けたい時に適しています。痛みはそれほど強くありませんが、行う部位によってはやや強く感じます。費用はニードル脱毛よりもかなりリーゾナブルです。
光脱毛はもっとも肌に優しい方法だと言われています。痛みもほとんどありませんので、このような施術を初めて受けるという人や肌の弱い人でも安心です。費用的な面から見てももっとも安く済ませることができますが、出力が抑えめですので、通わなければならない期間は長くなります。短期間で仕上げたい時にはレーザー方式の方を利用した方が良いといえます。
このように施術ごとに異なるメリットをもっていますので、自分に合った方法を見つけることが大切です。

最近の投稿