» 2016 » 3月のブログ記事

体調不良時は施術NGは避けましょう

| 未分類 |

脱毛サロンは基本的に予約して行きますが、体調不良だと脱毛効果があまり得られないだけではなく、肌への負担が大きくなりますので注意が必要です。

脱毛サロンではレーザー脱毛が主流であり、肌にレーザーを照射して熱を与えて脱毛を行ないます。
そういった時に体調不良によって肌が敏感になっていたり、体温が上がっていたりする時に熱を与える行為は危険になります。
ですから多くの脱毛サロンでは体調不良の方の施術はNGとしているのです。

また体調不良だと長時間同じ姿勢でいたり、施術室の居心地や照明の明るさに気分を悪くしたりする可能性もあります。
施術によって薬の効果が薄れたり、逆に施術効果も薄れる場合も考えられるでしょう。
こういったことが考えられますので、体調不良の時は我慢せずに素直に脱毛サロンに連絡してキャンセルをしたり、予約の日を変更したりした方が良いでしょう。
脱毛サロンの予約をキャンセルするとキャンセル料金が発生してしまう場合が多いですが、来店して施術NGになり迷惑を掛けるよりもマシですので、しっかりと連絡することも大事です。
一番良いのは予約日に何もないように健康に過ごして、しっかりとした体調管理をして施術をすることではないでしょうか。

脱毛サロンで脱毛する場合は施術後には入浴を控えるように注意されますが、どうしてなのかというと熱を発生させる原因となっているためです。
これだけだと良く分からないかもしれないですが、きちんと理解するためには脱毛の仕組みを簡単に知っておく必要がありますので、まずはその仕組みを簡単に説明します。
脱毛サロンで脱毛する際には光を肌に照射する事で脱毛効果がありますが、これは体毛部分に熱を発生させて熱で毛根にダメージを与えているのです。
施術が終わった後に赤い斑点が出来る場合がありますがこれは軽い火傷状態であるためであり、施術をした人は程度の差はあっても熱によって肌が敏感になっている状態となります。
そのような状態の時にさらに温めてしまうと普段であれば何ともない場合であっても肌トラブルの原因となる事があります。
そのために施術後には入浴を控える必要があるという訳です。
ただ、夏場は特に汗をかきやすいためにどうしても汗を洗い流したいという人もいます。
そういう人はシャワーを軽く浴びる程度であれば大丈夫であるために、シャワーで軽く汗を流す程度だけであれば大丈夫です。
ただし、身体を洗うのに肌をゴシゴシ擦ったりする事も刺激となるので避けておいた方が良いです。

汗はNGなのはなぜ?

| 未分類 |

今の時代、脱毛サロンに通う方も多いのではないでしょうか。その中でより効果を高める方法の一つとして【脱毛する当日の汗はNG】だといわれているようです。通常、美容に関して良い効果をもたらす【運動】ですが【フラッシュ脱毛】当日に関しては逆に禁忌とされています。フラッシュ脱毛される当日は、運動や発汗を促す行為はできるかぎり避けるようにするのがベストです。(シャワーは使用可能とされています。)この脱毛は別名を光脱毛といい、インテンスパルスライトにより毛母細胞や毛乳頭などの毛包みと呼ばれている部分に照射するものです。レーザー脱毛後やフラッシュ脱毛後に運動することや、汗をかくことを促す行為はより臭いがひどくなる原因となるでしょう。今、注目されているこれらの脱毛にもデメリットはあるのです。また、そんな臭いの増強に関しておすすめできる脱毛には【針脱毛】があります。針脱毛は、永久脱毛の中に分類されているものです。毛穴に沿って絶縁針を挿入していき、毛根自体に電気を流して破壊することを特徴としています。ただしフラッシュ脱毛よりも高度な技術が必要だといわれています。また費用はそれぞれのクリニックにより幅があり、脱毛1本につき、143円から600円とされています。さまざまな脱毛手技がありますが、汗がNGといわれる理由は女性にとって気になる【量が増えること】【臭いがひどいこと】と関連しているからなのです。できるかぎりあせをかかないことをおすすめします。

当日に脱毛効果を上げるための注意点

| 未分類 |

サロンでのフラッシュ脱毛は今や当たり前の施術で、誰にでも気軽に受けられるようになりました。簡単に始めることが出来るので、あまり心構えをせずにコースを始める人も多いようですが、効果をあげるために注意しなくてはいけない事が何点かあり、注意が必要です。まず、施術の前日までに脱毛の自己処理をしてくださいと言われますが、この時に電気シェーバーなどで行う事が大切です。毛抜きや脱毛器でも毛根から無駄毛を抜き去るタイプのものは使用するのはやめましょう。フラッシュタイプの脱毛では、毛根の奥から生えている毛の黒い色に反応させて脱毛するため、無駄毛を毛根から抜き去ってしまっては、フラッシュの光が反応しません。なるべく毛根を残して、その毛根にダメージを与えて脱毛する必要があるのです。脱毛クリームやローションを湿布しての自己処理も控えた方がよさそうです。肌にダメージを与える可能性があり、デリケートな状態での施術はトラブルにつながる可能性があります。また、カミソリは肌を傷つける恐れがあり、炎症をともなうと施術が受けられませんので、避けたほうが良いでしょう。施術前日の自己処理は電気シェーバーで軽めの処理で済ませることが望ましいでしょう。

なぜ前日はアルコールNGなの?

| 未分類 |

サロンでのカウンセリング時に、日焼けをしないとか、激しいスポーツを避ける、生理中は施術ができないなど様々な注意を受けると思います。施術前後の飲酒禁止もその1つです。飲まない人にとっては問題ありませんが、毎日飲む習慣がある人にとっては辛いものです。またサロンの予約前後にお付き合いなどの予定が入ってしまうこともあるでしょう。ですが飲酒は、思わぬトラブルを起こす原因となることがありますので、「少しくらいなら大丈夫」と油断せずに、注意事項はきちんと守るようにしましょう。
前日にお酒を控える理由は、体内にアルコールが残っていると施術の痛みを感じやすいと言われているからです。アルコール分解のために身体は疲労し、脱水状態になっていますので、お肌のコンディションは最悪です。この状態で施術を受けると肌トラブルのリスクが高くなってしまいます。アルコールの他に薬でも同じ症状が出ることがあるので、事前に主治医とサロン両方で相談することをおすすめします。
施術後もお酒は控えましょう。お肌は熱を帯びて非常に敏感になっており、保湿などのケアを十分に行ったとしても、元の状態に落ち着くまでに数日程かかります。その状態でアルコールを摂取すると、体温が上がって汗をかいたり、赤みやかゆみ、炎症を起こす恐れがあるのです。
せっかく脱毛したのに皮膚トラブルを起こしては元も子もありません。綺麗になった姿ですぐに遊びにいきたくなるのもわかりますが、サロンに行く前後は美容の日と割り切って、ゆっくり体を休めていたわるようにしましょう。

脱毛サロンを利用する際には前日までにシェービングを行なっておくことが一般的です。
脱毛サロンでは今はフラッシュ脱毛が中心となっていますが、こうした脱毛は黒い部分に反応しますので、肌の表面に出ているムダ毛はあらかじめシェーバーなどで剃っておく必要があります。

ムダ毛が残っていると脱毛の効果が得られなかったり、火傷をしてしまう可能性がありますので、剃り残しは避けるようにし、丁寧に剃っておきましょう。

シェービングが十分ではないとサロンによっては施術を断られてしまうこともありますので、きちんと行っておくことが大切です。
とはいえ、やはりひとりでは剃るのが難しい部位もあります。背中など手が届きにくい場所ですし自分の目で確認しながら剃ることはできませんので、どうしてもムラになりやすい部位です。

それゆえに、こうした部位を処理するときは、剃り残しがあった場合にはシェービングに応じてくれるサロンを選んでおくと安心です。
多くのサロンではシェービングに応じてもらうことができますが、自宅からシェーバーを持っていく必要があることもありますので、よく確かめておきましょう。

そして応じてもらえる場合でも有料になることも多いので、費用についても確かめておくことがおすすめです。

自宅でのムダ毛処理にも様々な方法がありますが、より美しい仕上がりにするために脱毛サロンを選ぶ人も増えています。
確実にムダ毛を減らすことができますし、スキンケアも丁寧できれいな仕上がりとなります。

脱毛サロンは今は光脱毛が中心ですので、気になる部分に照射し、脱毛の効果をあげていきます。
普段は自宅でのお手入れが中心となりますが、施術前にはあらかじめ照射する部位を剃っておく必要がありますので、自宅で剃っていきましょう。

この場合は電気シェーバーやカミソリを利用しますが、肌を傷つけると施術ができなくなってしまうこともありますので、慎重に丁寧に行い、できるだけ剃り残しがないよう丁寧に剃っておきます。

それから自己処理では毛抜きを利用することが多いですが、脱毛期間中はこうしたお手入れは避けましょう。
カミソリの場合は毛根部分が残っていますので、その部分に反応させることができますが、毛抜きの場合は毛根そのものがなくなってしまいますので、光を反応させることはできなくなってしまいます。

光は黒い部分に反応させることとなりますので、毛根を残しておくことが大切です。
施術前のカウンセリングでは自宅でのお手入れについての説明も受けますので、正しいお手入れを心がけましょう。

脱毛中の乾燥や日焼けはNG!

| 未分類 |

クリニックやエステで脱毛を行うと少なからず肌にダメージがあります。照射レーザーを当てて施術するので当然と言えば当然ですが、この行為により肌が施術前よりもより乾燥した状態になっています。この状態で紫外線を浴びるとシミやそばかすになりやすく、色素が沈着しやすくなります。女性の場合は普段から日焼け止めをしている人が多いと思いますが、普段以上に日傘を差すなど紫外線対策を十分に行う必要があります。男性においても同様です。最近は男性用の日傘なども販売されおり、化粧品についても男性専用のものが多数販売されているので意識して使用する方が賢明です。日焼けをしてしまうと次回の施術に影響が出てしまいます。レーザーはメラニン色素に反応するので、肌が黒くなると必要以上に照射され痛みを伴う程度が増します。又保湿も重要です。施術をしたクリニックやエステ店などでお勧めのものがあれば購入し、次回の施術まで保湿を十分に行う必要があります。特に指定のものがなければ市販の保湿クリームや保湿液でも構いません。特にお風呂上りは肌が乾燥しやすいのでケアを十分に行う必要があります。肌が乾燥しているとレーザーが毛穴の奥まで伝わらず施術の効果が薄れます。あまりひどい場合には施術できない場合もあり得ます。脱毛中は普段以上に肌の状態を意識しておくことが必要と言えます。

施術を受ける前にはそれなりの準備をしなければなりません。良い状態で受けることができれば肌の回復が早くなりますし、リスクもより抑えることができます。
レーザー脱毛や光脱毛を受ける際、忘れてはならないのが日焼けをしないようにすることです。これらの方式では黒いメラニン色素に反応する特殊な光を使いますので、日焼けをしてしまうと施術を受けられない可能性がでてきます。施術を受ける前には、日傘や帽子などを使ってしっかりと紫外線対策を行っておくことが大切です。
また、事前に剃毛などの自己処理が必要となるケースがほとんどですが、その際には皮膚を傷つけないように細心の注意を払わなければなりません。肌のコンディションが整わなくて施術を延期してしまうと、その後の予約をとりにくくなることもあります。剃るとどうしても肌に見えない傷がついてしまい、それが原因で肌トラブルを起こすことがあります。丁寧に剃っていてもリスクはゼロにはなりませんので、気をつけながら剃ってアフターケアも万全にする必要があります。
これらの注意点を守って当日に臨むようにすれば、それほど大きなトラブルを経験することなくムダ毛の無い肌を手に入れることができます。

脱毛前のセルフケアの重要性と注意点

| 未分類 |

脱毛サロンでムダ毛の処理をするという人が増えています。脱毛サロンによって少しちがいはありますが、予約の日までに自分の毛を自己処理してくるように言われているサロンが多いです。サロンによって処理が十分にできていない場合には追加料金が発生する場合もありますのできちんと行っていきましょう。脱毛サロンに行く当日、予約時間の直前に自己処理をしてしまいますと、万が一傷や肌荒れが起こった場合には施術してもらえなくなってしまいます。できれば前日に自己処理を行っておきましょう。セルフケアの重要性と注意点ですが、剃刀で生えている毛を優しく剃ることを意識します。埋もれている毛を無理やり毛抜きで抜いたり、古くて切れ味の悪い剃刀でそることで肌に負担をかけてしまいます。セルフケアを間違ってしまいますと、当日の施術にも影響が出てしまいますので注意しましょう。自己処理後はアフターケアとして保湿をしっかりとしておきます。剃り残しがないかどうかもチェックしておきましょう。脱毛する箇所が多い場合、自己処理も大変ですが何度か通っているうちにムダ毛が少なくなってきますので、負担は少なくなってきます。脱毛効果をあげるためにも慎重に行いましょう。魚介02

最近の投稿