» 2016 » 5月のブログ記事

保湿ケアが大切な理由

| 未分類 |

市販の脱毛クリームなどを使ってお手軽にムダ毛を処理する場合幾つか気を付けたい事があります。お肌に脱毛クリームを塗るとムダ毛と一緒に大事な皮膚の角層まで剥がれてしまうからです。消えて無くなるのはムダ毛でけではないのです。そこで重要性が叫ばれているのがお肌の保湿というわけです。
お肌にはターンオーバーというものがあり古い皮膚の角質を取って新しく生まれ変わらせる役目があり、それはお顔だけではないのです。体のどのパーツでも行われており、脱毛によりターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと修復に時間がかかります。また毛の処理をした後はゆで卵の殻をむいた白身と同じ状態で無防備になりますから、お肌の保護が必要となります。
まず処理直後はたっぷりとアフターケアのためにローションで保湿してあげます。間違っても直射日光に当たることのないように注意して下さい。皮膚が薄くなっているところに紫外線が入ると強烈にメラニン色素が生成されてしまうからです(シミができやすくなるのはそのためです)。またお肌に摩擦が強くなるような刺激を与えるのも避けます。組織が柔らかくなっていてお肌のバリア機能も落ちているからです。ほてりを感じることもありますが、優しく冷やしたタオルなどでクールダウンします。
保湿の重要性をよく理解してお肌を大切にいたわってあげましょう。

脱毛後にはケアを忘れずにしよう

| 未分類 |

脱毛は身だしなみの一つ。本当はエステやクリニックでツルツルにしたいけれど、訳あってそれができない。そのためカミソリや毛抜きなどを使ったセルフケアでお手入れをしているという方は意外と多いようです。カミソリはその場ですぐにきれいにできるので、忙しい人やすぐにツルツルにしたい場合に最適な方法です。簡単にできていいですが、忘れてならないのが脱毛後のお手入れです。
カミソリで剃るシェービングではどうしても必要な角質まで剃り落としてしまいます。シェービング前に肌を柔らかくしてシェービングローションを塗ってなど、どんなに正しい方法でシェービングしてもこれだけは避けられないのです。角質はバリア機能として大事な役割を果たしているので、これが減ると肌は危険な状態にさらされることになります。そこで脱毛後には保湿を欠かさないことです。できれば敏感肌用のものがベストですが、普段からお使いのボディ用ローションなどでも構いません。脱毛後のデリケートな肌を守るために、保湿は欠かせません。
脱毛後のお手入れにおすすめが抑毛効果のあるローションです。保湿効果はもちろん、生えてくるムダ毛を抑制する作用があるので、脱毛後のお手入れにまさに持って来いです。

家庭用脱毛器は、自宅で利用することが出来る脱毛器で一台購入しておけば、いつでも脱毛したい部分に使用でき難なく脱毛を実現することが出来ます。そのため、美容家電の一つとして家電量販店や通販でも幅広く販売されており、なかにはヒット商品もあります。

しかも家庭用脱毛器にはメリット面も多く、そういったことから購入されるケースも多いです。メリットとしては、まず気になった時にいつでも使用することが出来ることです。

またエステやサロンに通うよりも家庭用脱毛器を一度購入してしまえば、コストが全くかからないこともあります。この二点は大きなメリットとして、家庭用脱毛器が支持されている理由となっています。

特にムダ毛の処理のためにエステやサロンにわざわざ通わなければならないので、そのムダ毛が生えている状態が継続することとなります。それを即座にコストも掛からずに自分のペースに合わせて対応することが出来るのは、優れています。

もちろん使用していく中でデメリット面も存在しますが、それは業務用と違うので出力が劣るため思ったほど効果が出ないことです。また自分で行なうこともありムダ毛がうまく処理できないで、見た目残ってしまう懸念もあります。

それ以外にも冷却機能が付いていないことで、熱い場合は冷やしながら使用していかなければならない面倒さも存在します。

自己処理の注意点とは

| 未分類 |

自己処理を行う上でまず最初に注意しなければならないのは、事前に肌のコンディションを整えておくということです。どのような方法で行ったとしてもコンディションが整っていなければトラブルのリスクは高まります。
事前には、肌を清潔に保つことも重要です。特に脱毛の前には毛穴をきれいにしておく必要があります。汚れたまま処理を行うと、ムダ毛を抜いた後の毛穴からバイ菌が入って毛のう炎などを引き起こす恐れがあります。炎症を起こした後には色素沈着にもなりやすいので気をつけなければなりません。
次に気をつけることは、肌質や毛質に合った処理方法を考えることです。どのような方法がベストなのかは行う人の状態によって異なりますので、手間や効果、肌への影響なども含めて様々な視点から考えてみることが大切です。
処理後は、アフターケアを徹底しなければなりません。毛穴の開きを改善させるには収れん化粧水を使用し、乾燥を防ぐには保湿を行います。毛穴が開いている状態の時には肌中の水分が蒸発しやすいので、いつもよりも乾燥肌になります。乾燥状態の時にはバリア機能が弱まって外的刺激に対しての抵抗力が通常より低下しますので、早めの回復が肝心です。

脱毛を安く済ませたい場合にできること

| 未分類 |

少しでも肌に負担をかけない方法で、リーズナブルな価格でお手入れを行う方法として人気になっているのがブラジリアンワックスを利用する方法です。ブラジリアンワックスはまだまだ日本では利用する方は少ないと言われていますが、海外ではポピュラーな脱毛方法といわれており、砂糖やショ糖、ハチミツ、クエン酸などが含まれているため肌に負担をかけずにムダ毛をしっかりからめとって処理することが出来るのです。
ハードタイプのワックスを選択すれば、専用の脱毛シートなどを用意する必要が無く、ワックスを肌に塗って固まった時点で一気に剥がすことで綺麗にムダ毛を処理することが出来ます。
またこのお手入れのメリットとして、デリケート部位の処理が出来る点です。アンダーヘアの処理も簡単ですし、うぶ毛のお手入れが難しい顔の脱毛も、この方法でしっかり処理することが出来ます。家庭用脱毛器などはお手入れが出来る体の部位が指定されている場合が多いので、コストを抑えて全身脱毛をしたい方にとってとても効果的です。
脱毛をした後はムダ毛の抑毛効果があるとして人気のある豆乳ローションでアフターケアをすると肌の乾燥を程よく防いで、抑毛ケアをすることが出来ます。

エステ脱毛の解説とポイント

| 未分類 |

エステ脱毛にチャレンジしたいけれど、具体的に何をどうするのかわからない。それにかかるお金もわからない、そんなわからないこと尽くしで尻込みしている方が多いようです。そこでエステ脱毛では何をどうやってだつもうするのか、それとだいたいどれくらいの予算が必要なのかを簡単に解説します。
エステ脱毛では光を当ててムダ毛を処理します。とは言っても生え放題の状態ではやけどの恐れがあるので、照射前にはシェービングしておきます。これは基本的に前日までに自分でしておきます。カミソリで剃ってツルツルの状態でサロンに行って照射してもらうのです。この際にカミソリ負けがあったり剃り残しがあると危険なため照射してもらえないことがあるので注意しましょう。
気になる値段ですが、サロンによってピンキリです。全身脱毛で言うと月額1万円というのが主流ですから、12万円ほどかかると思ったほうがいいでしょう。キャンペーンを行っているサロンが多いので、それらを利用すればもっと安く済ませることも可能です。ただ、値段だけで選ぶと全身脱毛なのに顔やVIOは別料金というケースもあるので、選ぶ際は値段はもちろん、施術範囲についてもしっかり確認することです。

医療脱毛の解説とポイント

| 未分類 |

むだ毛のない女性はそれだけで魅力を向上させることができます。むだ毛が無ければ、非常に垢抜けるのは紛れもない事実です。顔などは綺麗に処理することでファンデーションの乗りが良くなり、美しさが増すようになります。また背中やVIOラインに至るまでムダ毛処理してしまうとどんな洋服も美しく着こなせるようになるので必然的に美しさが増幅します。ムダ毛処理には安くて手軽なエステサロンを利用する人も少なくありません。しかしエステでの光脱毛には危険も多く、違う方法で処理したほうが良いと言えます。その違う方法とは医療脱毛を指します。医療脱毛とは皮膚科など医療機関で光脱毛を行うことを指します、レーザーを照射し、一週間後にムダ毛が自然に抜け落ちるメカニズムはエステ脱毛と同じです。しかし医師が自ら施術するので、炎症や赤みなどの肌トラブルが少なくより安全に脱毛できる特徴があります。医療脱毛のクリニック選びのポイントはどれだけ医師や看護師がインフォームドコンセントを徹底するかという点だと言えます。時間をかけて患者の肌質を問診し、アレルギーの有無を確認してからレーザー照射すればほとんど炎症などの肌トラブルが起こりません。また万が一トラブルが起こっても医師自らケアしてくれるので安心して施術を受けることができます。またクリニック選びは施術台、トイレ、受付、医療器具が衛生的であるかを見極めて選ぶのがポイントと言えます。

ムダ毛をなくす方法

| 未分類 |

女性の身体に体毛が濃く目立っているのは、とても違和感がありだらしがない印象も与えてしまいます。ムダ毛の処理は、身だしなみとしても必要不可欠なお手入れですが、間違った方法を繰り返してしまうと、大切な素肌に傷をつけてしまい、深刻なダメージを与えてしまうことにもつながりかねません。女性がムダ毛の処理をする目的は、見せられる美肌にすることなので、体毛をなくすだけではなく、その後の肌が美しく整えられるものを選択しましょう。自分で行う脱毛ケアでは、どうしても処理が出来る部位にも制限があるので、プロの手に委ね細部に至るまで綺麗に処理をすることが最適です。プロの脱毛ケアは、エステ脱毛と医療脱毛に分けられますが、肌へのリスクを最小に抑え、かつ高い脱毛効果を手に入れたいのであれば、美容系のクリニックで行われている医療脱毛がお勧めです。クリニックでの医療脱毛は、医師が診察をしたうえで行われるので、自分に最適な脱毛計画を立ててもらえ、少ない回数でも完璧に処理しきることが出来ます。また、医療脱毛では毛母細胞を完全に破壊させてしまうので、お手入れが終わった後は毛は育ちません。俗にいう永久脱毛ができるのも医療脱毛の最大のメリットなのです。

脱毛の方法は様々です

| 未分類 |

脱毛といえば脱毛サロンで行うものという、イメージが定着しています。
確かに地方でも脱毛サロンは多く出店しており、しかも脱毛費用がリーズナブルという事から、脱毛=脱毛サロンという図式が出来上がっていますが、実は脱毛サロン以外の脱毛も多いのです。
その中の1つに挙げられるのが、医療脱毛です。
医療脱毛は言葉のとおり、医療機関で受けられる脱毛の事を言います。
美容皮膚科や美容外科といった、美容系クリニックであれば、ほとんどのクリニックが行っているでしょう。
現在、医療脱毛はレーザー脱毛と、医療針脱毛、この2種類が主流です。
レーザー脱毛はレーザーの熱を毛根へ吸収させ、毛根組織を破壊する事で脱毛します。
医療針脱毛は絶縁針を毛穴に刺し込み、そこに電流を流す事で毛根組織を壊し脱毛効果を発揮する脱毛法です。
どちらも毛根組織を壊して脱毛するのは同じですが、施術の方法には大きな違いがあります。
レーザーは短時間で広範囲の脱毛が可能ですので、背中などの部分におすすめです。
医療針脱毛はワキなど、ある一部分のムダ毛を確実に脱毛したいという際に向いています。
また、レーザー脱毛・医療針脱毛ともに半永久的にムダ毛が生えなくなる、永久脱毛の効果を持つ点も特徴です。

松茸脱毛を行う場合でも、自宅で処理するのか、エステやクリニックを利用するのかによって効果やかかる費用、肌への影響が大きく変わります。様々な種類の中から自分にぴったりの方法を見つけるためには、何を重視しているのかを考えるべきです。
一時しのぎの処理で済ませるなら、自宅脱毛で十分です。毛抜きやテープ、ワックスなら費用もあまりかかりません。最近ではレーザーや光の照射が行える家庭用機器も登場していますが、これらは仕組み上は同じ原理で寿司あっても出力が弱いために専門の施設と同等の効果が得られるわけではないということを覚えておく必要があります。同等の効果を求める場合には、長い期間をかけて多くの回数の照射を行わなければなりません。
安全にムダ毛の再生をストップさせたいという場合には、サロンやクリニックに通います。サロンで行われている光脱毛には肌中のコラーゲン量を増やす働きがありますので、美肌対策にもなります。痛みも少ない方法であり、1照射当たりの面積も広いのですが、出力は医療レーザー脱毛の方が上ですので効果も医療レーザー脱毛の方が出力に応じて高くなります。同じような仕組みのようでも両者にはこのような違いがありますし、医療機関で行われているのは医療行為です。

最近の投稿