着圧ソックスは脚のむくみを改善するには効果的なアイテムですが、使い方によってはトラブルを引き起こす可能性があります。
様々な種類がありますが、その中のつま先まで覆うタイプのものは、むくみができやすいふくらはぎや足首だけでなく足の先にまで圧力をかけることになります。
これによりつま先が圧迫されるようになると、着圧ソックスを使用している間は常時圧迫され続けることになるわけです。
ハイヒールを履いているときにも同じような条件になりやすく、余分な圧力のせいで巻き爪の症状があらわれることがあります。
着圧ソックスも同様であり、履いている間少しずつ負荷をかけているといっても過言ではなく、むくみを解消できても別のところに影響が出ると言わざるを得ないのです。
硬い感触の爪が変形してくるほどですから、相当な負担だというのが想像できます。
また、巻き爪の状態から元に戻すには長い時間が必要になりますし、1度治療でよくなっても、時間が経てばまた同じ症状が再発することもあります。
内側に巻いた爪は脚の肉に食い込み痛みを伴うほか、見た目にもよい状態ではなくなります。
オシャレや美容も大事なことですが、こういったトラブルが発生するリスクも考慮して、脚に負担をかけないタイプを選択することも大切です。

最近の投稿