着圧ソックスは一日中はいていれば良いというものではありません。
美にストイックになるあまり、痛みがあるのに履き続けるのは逆効果です。
もともとは静脈瘤の患者さんの為に使用されていたものなので、使い方を間違えるとかえって体に負担がかかってしまったり、血流を悪くさせることもあるので注意しましょう。
様々なタイプが市販されているので、素材やサイズによっては締め付けすぎてしまうことがあります。
正しく着用していれば問題なくても履いているうちにずり下がってきたりする事で、太ももやふくらはぎの一部分が圧力が高くなってしまい痛みやうっ血が生じることがあります。
また、脚が極端にむくんでいる時などはいつものサイズではきつくなり痛みがでやすくなることがあります。
そんな時は無理せずに一つ大きめのサイズを着用するか、軽くマッサージをするなど少しむくみを落ち着かせてから使用するようにしましょう。
足先や足の甲が痛くなったりした場合も今の体に合っていない状態ということですので、違う商品を試してみるか履くときに引き上げすぎないように注意してみてください。
着圧ソックスをはくことで体が辛い状態を続けていると、かえって疲れてしまうので圧力の弱いものから試すのも良いですね。

最近の投稿