肌のたるみができてしまう原因

| 未分類 |

これまで肌のたるみは加齢が一番の原因だと言われてきました。しかし最近になって、実は加齢ではなく紫外線、UVが最たる原因であり、これを防ぐことによって加齢による肌の老化も防ぐことが可能であると言うことが明らかになりました。UVは主に2種類に分類されるのですが、この内、UV-A波は、肌の奥深くに到達すると言う性質を持っています。そして、その肌内部で肌弾力を支えているエラスチンやコラーゲンを変性させたり、破壊します。そのために肌のたるみが発生すると言うわけです。またUVには、活性酸素を体内で発生させると言う作用もあります。活性酸素は、体の細胞を傷つけたりするため、全身の老化や疾病の原因にもなる物質です。これにより肌内部の細胞が傷つけられると、肌たるみが発生してしまいます。ですから肌のたるみを予防するためには、まずは年間を通してUV対策を行うこと、そしてその次に、ダメージによって失われてしまうエラスチンなどの成分を補うことと、活性酸素を除去することが必要です。エラスチンやコラーゲンは、食品やサプリメントによって摂取することができます。またスキンケア商品にも、こうした成分が含まれているものがありますから、それを利用するとより高い効果が期待できます。活性酵素は、抗酸化作用の高いビタミンC、カロチン、ビタミンEなどの摂取によって抑制することができます。ビタミンCは誘導体としてスキンケア商品にも含まれています。カロチンは、緑黄色野菜に豊富に含まれていますし、ビタミンEはアボカドに豊富に含まれています。肌のたるみ予防のためには、これらの食品を積極的に摂取すると良いです。

最近の投稿