背筋や腹筋などの体幹を鍛えることが大切なのは、体を支えるために重要な筋肉であるからです。良い姿勢を作ることは、日常生活の代謝の向上にも必要です。また日常生活でも良く使用する筋肉であり、弱ってしまうと生活のパフォーマンスの低下につながります。
背筋は体の中でも特に良く使用する筋肉です。どのような動作を行う場合にも、中心的に使用する筋肉です。また姿勢を支える際に特に重要な筋肉となります。背筋が衰えてしまうと、前かがみになってしまい、内臓が前の方に出てしまいやすく、体の代謝が低下してしまうことになるのです。
腹筋を鍛えることが重要であるのは、腰をサポートするために必要だからです。腰は日常生活でも良く使用する筋肉です。しかし、腰自体に筋肉は弱い部分であるために、酷使してしまうと怪我を引き起こしやすくなるのです。なので腰のサポートを行うためにお腹を鍛える必要があり、天然のコルセットとして利用する必要があるのです。
背筋と腹筋の両方を鍛えることが必要です。正しい姿勢を作り上げるためには、両方の筋肉を使用する必要があります。これらの体幹を鍛えることで良い姿勢を維持できるだけではなく、日常生活の様々な動作のパフォーマンスを向上させることができ、代謝を増やすことに繋がります。

最近の投稿