キムチに含まれる乳酸菌やカプサイシンには、優れた発汗作用があるため、体の新陳代謝を高める効果が高くなります。同時に胃腸の健康を整えるための酵素や食物繊維が多く、ビタミンやミネラルも大量に含まれています。豚肉も加えて調理すれば、ビタミンB1の量が飛躍的に多くなり、疲労回復の効果も高まります。

キムチには多種多彩な香辛料や魚介類が含まれ、乳酸発酵によって栄養が大幅に増えています。唐辛子は特に重要な香辛料であり、芳香を加える役割もしています。キムチにはニンニクやショウガなどの温性の薬味も加えられていることで、体を温める効果は相乗的に高くなります。そのまま食べるだけでも体がポカポカしてきますが、鍋料理で食べれば冬でも体の芯まで温まります。

キムチから食物繊維と酵素を同時に吸収すれば、整腸作用も活発になり、便秘の悩みも解消しやすくなります。独特な辛味には解表の効果があり、体を温めると同時に血流を促進させることもできます。この作用は辛温解表とも呼ばれ、薬膳料理においても利用されています。

キムチを食べて発汗作用を促進すれば、デトックス効果も高まって、アンチエンジングも促進できます。浅漬けではなく、しっかりと乳酸発酵させたものを食べれば、本来の効果を発揮できます。

最近の投稿