なぜ前日はアルコールNGなの?

| 未分類 |

サロンでのカウンセリング時に、日焼けをしないとか、激しいスポーツを避ける、生理中は施術ができないなど様々な注意を受けると思います。施術前後の飲酒禁止もその1つです。飲まない人にとっては問題ありませんが、毎日飲む習慣がある人にとっては辛いものです。またサロンの予約前後にお付き合いなどの予定が入ってしまうこともあるでしょう。ですが飲酒は、思わぬトラブルを起こす原因となることがありますので、「少しくらいなら大丈夫」と油断せずに、注意事項はきちんと守るようにしましょう。
前日にお酒を控える理由は、体内にアルコールが残っていると施術の痛みを感じやすいと言われているからです。アルコール分解のために身体は疲労し、脱水状態になっていますので、お肌のコンディションは最悪です。この状態で施術を受けると肌トラブルのリスクが高くなってしまいます。アルコールの他に薬でも同じ症状が出ることがあるので、事前に主治医とサロン両方で相談することをおすすめします。
施術後もお酒は控えましょう。お肌は熱を帯びて非常に敏感になっており、保湿などのケアを十分に行ったとしても、元の状態に落ち着くまでに数日程かかります。その状態でアルコールを摂取すると、体温が上がって汗をかいたり、赤みやかゆみ、炎症を起こす恐れがあるのです。
せっかく脱毛したのに皮膚トラブルを起こしては元も子もありません。綺麗になった姿ですぐに遊びにいきたくなるのもわかりますが、サロンに行く前後は美容の日と割り切って、ゆっくり体を休めていたわるようにしましょう。

最近の投稿