二重あごを作ってしまう原因について

| 未分類 |

二重あごは年齢のせいばかりでなく、若いうちから目立ってくることがあります。
これは日々の過ごし方が大きくかかわっているため、それらを正すことで改善させることができます。
まず考えられる原因の1つが、筋肉の働きが弱まりリンパの流れが悪くなっていることです。
通常は滞りなく流れているものであり、それによって老廃物も一緒に運ばれています。
しかし何らかの理由にてこれが行われなくなると、あごの部分に老廃物がたまりやすくなって二重あごをつくりだしてしまうのです。
これは洗顔の際などにマッサージを行い、リンパの流れをスムーズにすることで解消させることが可能です。
また、猫背のように背中を丸める姿勢も、二重あごができる原因として挙げられます。
背中が丸まっていると顔が下向きになりやすく、あごを伸ばすことができなくなるからです。
普段からこの姿勢がクセになっていると、筋肉が緊張して肩こりなどを引き起こしやすいですが、その影響はリンパの流れの悪さにもつながっていきます。
こういった点を考慮すると、二重あごを目立たなくさせるためには、つねに背筋を伸ばすようにして正しい姿勢を心がけながら、必要に応じてマッサージを取り入れていくのが改善への第一歩だと言えるのです。

最近の投稿