加齢や生活習慣などで、筋肉の働きは徐々に弱まってきます。
これにより、今まで持ち上がっていた皮膚が垂れ下がってくると二重あごができやすくなります。
たるみが生じると顔が大きくなりますし、年齢も上に見られることが多くなります。
そんな二重あごは、毎日の舌回しエクササイズにて改善することができます。
まず口を軽く閉じた状態で舌を歯の外側に移動させ、そのまま右回りに回していきます。
2~3秒に1周のペースで回す動作を、続けて20回行ったあとは、同じように反対方向の左回りも20回続けます。
このエクササイズを1日に3回実践するのが理想であり、続けることによって普段使わない筋肉が活性化してくると、次第に皮膚が持ち上がるようになり、あごのたるみが改善されてきます。
1回分のエクササイズの左右の合計は40回、1日で計算すると120回になりますが、慣れてきたら少しずつ回数を上げていってもかまいません。
とはいえ、もちろん何事もやりすぎると害になる可能性がありますので、あごが痛くなったら回数を減らすことも大切です。
美は一日にしてならずという言葉があるように、1日に集中して行うのではなく、毎日コツコツとエクササイズを持続していくことが重要なのです。

最近の投稿