手作りの豆乳キムチスープには、大豆由来の栄養が大量に含まれ、女性にとって特に大切なイソフラボンの宝庫にもなります。発酵の過程で増えた酵素や、元から豊富な食物繊維の働きもあって、整腸作用を促進させる効果が非常に高くなります。豆乳には良質な植物性タンパク質も多いことで、筋肉を丈夫にさせるためにも有用になります。

鶏ガラなどのスープをベースにして、豆乳とキムチを加えて、あとは豚肉や魚介類などの好みの材料を足せば作れる料理です。隠し味として味噌も一緒に加えておけば、酵素の量がさらに増えていきます。イソフラボンの量をさらに増やしたい場合には、豆腐も加えることがおすすめです。

キムチには植物由来の乳酸菌も含まれていますから、酵素の働きを強力に助けることができます。ダイエットのためにも役立つ要素として、唐辛子が含まれていることも重要になります。唐辛子の有効成分のカプサイシンには強力な発汗作用があり、体の余計な水分を取り除くために有効です。

豆乳キムチスープの味わいには酸味や辛味に加えて、甘味までもあります。美味しさの要素の多くが揃っているために、体調を整える効果も高くなります。暑い時期には夏バテ予防のために役立ち、冬には風邪予防のためにも使える料理です。

最近の投稿