二の腕のタプタプ、背中の立派な贅肉でお悩みの方は少なくないと思います。そんなときにはヨガのイルカのポーズがおすすめです。イルカのポーズは、二の腕のたるみを解消し、背中の贅肉対策にも有効なポーズといわれています。二の腕の筋肉が伸びるのが感じられ、気持ちのよいポーズですが、全身の重みが支えられるので、インナーマッスルが引き締まります。このイルカのポーズは初心者でも取り組みやすく短時間でできるポーズなので、少しずつ続けるのがおすすめです。
またイルカのポーズは二の腕や背中のみでなく、ふくらはぎや肩にも効果的で、扁平足やストレス軽減、消化不良にもよいとされるポーズで、全身の筋肉も伸びて、きれいなスタイルにつながっていきます。
イルカのポーズの方法は、まず四つんばいになり、ひじを床について(前腕を床の上に置き)、肩が手首の真上に、膝は腰の真下にくるようにします。次に両手の手のひらを強く押し合わせて、腕で床を押すようにします。足指を立て、息を吐きながら両膝を床から持ち上げ、臀部を上に持ち上げます。この姿勢を30秒から1分ほど保ちます。その後、息を吐きながら膝を下ろします。
ヨガのポーズは食べた後にすぐに行うのを避け、空腹時に行った方がよいとされています。ただし、脱水などを避けるため、水は適宜飲むようにしましょう。

最近の投稿