自己処理の注意点とは

| 未分類 |

自己処理を行う上でまず最初に注意しなければならないのは、事前に肌のコンディションを整えておくということです。どのような方法で行ったとしてもコンディションが整っていなければトラブルのリスクは高まります。
事前には、肌を清潔に保つことも重要です。特に脱毛の前には毛穴をきれいにしておく必要があります。汚れたまま処理を行うと、ムダ毛を抜いた後の毛穴からバイ菌が入って毛のう炎などを引き起こす恐れがあります。炎症を起こした後には色素沈着にもなりやすいので気をつけなければなりません。
次に気をつけることは、肌質や毛質に合った処理方法を考えることです。どのような方法がベストなのかは行う人の状態によって異なりますので、手間や効果、肌への影響なども含めて様々な視点から考えてみることが大切です。
処理後は、アフターケアを徹底しなければなりません。毛穴の開きを改善させるには収れん化粧水を使用し、乾燥を防ぐには保湿を行います。毛穴が開いている状態の時には肌中の水分が蒸発しやすいので、いつもよりも乾燥肌になります。乾燥状態の時にはバリア機能が弱まって外的刺激に対しての抵抗力が通常より低下しますので、早めの回復が肝心です。

最近の投稿